公的な奨学金だけで薬剤師になれるの?

薬剤師になりたい皆さんは薬学部の学費をご存知でしょうか。国立大学の薬学部であれば、6年間で350万円程度ですが、私立大学であれば6年間で1200万円は覚悟しなくてはなりません。ここでは学費の高い私立大学の薬学部に進学すると仮定して奨学金の話をします。

年間200万円にも及ぶ学費を用意するのは至難の業だと思います。そこで、公的な奨学金を利用してどこまでまかなえるのか、試してみたいと思います。まず、利用するのは国の教育ローンと日本学生支援機構の奨学金です。

まず、国の教育ローンで300万まで借りることができます。これでひとまず初年度の学費はまかなえます。そして、日本学生支援機構の奨学金(利子ありの第二種)で月12万円まで借りられ、私立大学の薬学部生であれば加えて4万円追加できるため、月々16万円借りることができます。つまり、年間192万円借りることができるのです。すこし不足する分は、1年目に借りた国の教育ローンを充てると良いでしょう。

このように、公的な奨学金のみで充分私立大学の薬学部に通うことができるのです。あとはみなさんが勉強をがんばって立派な薬剤師になることができれば、充分返済できると思います。

薬剤師になれば奨学金の返済は容易です

薬学部の奨学金は高額となりますので、心配をしている人も多いかもしれませんが、私のように晴れて薬剤師となれば全て杞憂だと知りますので心配は不要です。

薬学部に通っていた薬学部学生時代、奨学金の第一種と第二種を受け取りながら生活をしていました。
合わせるとかなりの金額であり、有り難いのですが将来返済をして行くことが可能なのだろうか、という心配を抱いていました。
一千万円以上の奨学金、いざ自分で背負うとなると高額でありあまりにも重荷に感じられていました。

しかし、自分で薬剤師になりたいと決め、折角奨学金を借りたのだからここで投げ出してしまっては全てが無駄になると意地にもなり勉強を修め、薬学部として就職をしてすぐに返済生活が
始まったのですが、学生時代に抱いていた心配は全て杞憂だと気付きました。
薬剤師として就職をし、月給手取り35万円を貰っており、その中から6万円を返済しているのですが、35万円から6万円を引いても生活は裕福そのものですし、過去の金額である奨学金を返済しながら、未来のための貯金もできています。

薬剤師を目指すみなさんに、「返さなくてもいい!?」奨学金

薬剤師を目指すみなさんのなかで奨学金の申請を検討されている方は多いと思いますが、皆さんの多くは国の機関、たとえば日本学生支援機構などの公的な団体からの奨学金の利用を検討されているかと思います。または、民間の奨学金・教育ローンの利用を検討されていますでしょうか。

これらの奨学金やローンはいずれ返さなくてはなりません。そこで、より負担を軽くするために、今回は返さなくても良い奨学金、というものをご紹介したいと思います。もともとアメリカなどでは奨学金は優秀であるが経済的に進学が困難な学生のために、給付(返さなくて良い)という形で付与されるものなのです。

返さなくても良い奨学金の代表例は、まず各都道府県の奨学金(給付型)です。こちらは高校在学中の評定基準や、小論文の提出など厳しい審査があります。借りられるかどうかは実力と運が絡んでくるので、厳しい選択です。しかし薬剤師を目指すみなさんにはもう一つ、「民医連」という「団体の主催する奨学金があります。これは各地方にある民医連という団体が医学生や薬学生などに給付している奨学金で、本当は返済しなくてはならないのですが、民医連指定の薬局で一定期間働くと返済が免除になる、という奨学金なのです。給付額は月5万円前後が多いですが、薬学部進学後のみなさんを強力にバックアップしてくれる奨学金といえそうです。

薬剤師を目指す方はぜひ利用を検討してみてください。

薬剤師になるならば奨学金がお勧めです

薬剤師になりたい場合、まずは薬学部に通うこととなりますが、薬学部の学費というのは高額になってしまいますので奨学金制度を利用するのがお勧めです。

両親が高収入のために奨学金を利用する必要が無い、という学生さんも勿論存在する事と思われます。
実家が裕福であっても、親に学費を支払ってもらわずに奨学金を借りて薬学部に通うことで、借金をしているようなものなのだからお金を無駄にしてはいけない、と勉強に力が入ります。
薬剤師になってから奨学金を返済する事となりますが、返済をする義務があるということで仕事へのやる気も出るものです。

薬剤師の給料はとても高額です。
そのために奨学金の返済があっても生活の負担にはなりません。
奨学金制度を利用する事において色々なメリットも発生しますし、学生の内からお金について考える良い機会にもなります。
奨学金というのは金利が発生しない制度も多く有りますので、無金利の奨学金の利用はとてもお勧めをしたいです。

奨学金を利用すればお金が無くても薬剤師になれます

薬剤師の資格は生涯に渡って利用ができるとても人気がある資格です。
安定、需要率が高い、仕事内容は座り仕事なので楽、待遇が良い、賃金が高く、正社員でなくアルバイトであっても時給数千円、などとメリットが豊富なために人気があるのです。

そのような薬剤師の資格、取得をするために修める勉学は難しく、更に学費が高額なのです。
特に私立の薬学部は学費が高いために、お金が無いと学費を払うのが難しくなります。
成績優秀ですと学費を免除してもらえる制度もありますが、学費を全額免除してもらえる人間は限られています。

では、貧しい人間は薬剤師になれないのか、というとそうでもなく、学費の面は奨学金を利用する事でいとも簡単に解決します。
私立の薬学部は高額だと1200万円もの学費が掛かってしまいます。
1200万円、並みの値段ではありませんが奨学金を利用すれば、就職をしてからこつこつと返済をすることができます。
一括で支払うとなると困難ですが奨学金を利用すれば大丈夫です。