薬剤師になれば奨学金の返済は容易です

薬学部の奨学金は高額となりますので、心配をしている人も多いかもしれませんが、私のように晴れて薬剤師となれば全て杞憂だと知りますので心配は不要です。

薬学部に通っていた薬学部学生時代、奨学金の第一種と第二種を受け取りながら生活をしていました。
合わせるとかなりの金額であり、有り難いのですが将来返済をして行くことが可能なのだろうか、という心配を抱いていました。
一千万円以上の奨学金、いざ自分で背負うとなると高額でありあまりにも重荷に感じられていました。

しかし、自分で薬剤師になりたいと決め、折角奨学金を借りたのだからここで投げ出してしまっては全てが無駄になると意地にもなり勉強を修め、薬学部として就職をしてすぐに返済生活が
始まったのですが、学生時代に抱いていた心配は全て杞憂だと気付きました。
薬剤師として就職をし、月給手取り35万円を貰っており、その中から6万円を返済しているのですが、35万円から6万円を引いても生活は裕福そのものですし、過去の金額である奨学金を返済しながら、未来のための貯金もできています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です