薬剤師になりたいので奨学金を検討

薬剤師になりたいと考えている予備校生です。
そもそも最初は医者になりたいと考えていたのですが、医学部の試験に落ちてしまいました。
作文だけを書けば入学できる医学部もあるのですが、そういった入学が容易な医学部は学費が高すぎるために通いたくはありませんでした。

そんな私が目をつけたのが薬剤師でした。
薬剤師ならば医者とまでは行かなくとも、知的なイメージがあるために自分のプライドを保てますし、医者のように年収数千万円と行かなくとも、生活できるだけのお金は十分に手に入るはずでした。
作文を書いて高額学費の医学部に行った歯科医の息子の友人を少し羨ましく思いながらも、決して裕福ではない家の自分は奨学金にて薬剤師になりたいと考えています。

医学部のような過剰な研修や勉学が必要にならない、というものありますし、奨学金を利用するとはいえ医学部よりも学費がかなり安いのです。
奨学金の返済は将来行う事になりますが、将来はきっと薬剤の仕事にてお金に困らない生活を送っているはずですので奨学金の支払いも無理がないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です