薬剤師になった今奨学金を利用していて良かったと実感

去年から薬剤師として働いている者です。
薬学部学生時代には奨学金を利用していたので、お金のために四苦八苦する事がありませんでした。
もしこれが、奨学金を利用していなかったらと思うとぞっとしますね。

両親に学費を支払ってもらうという事もできましたが、両親は共働きをしているとはいえ、
生活費を手に入れるだけで精一杯の経済事情、自分の薬学部の学費を支払え、なんて事になってしまったら過労のあまりに可哀相な事になっていたでしょう。
自分で学費を支払う方法もありますが、薬学部学生時代、朝9時から20時まで大学の講義を聞いて、研究、実験、研修をこなしそれから学費のためにアルバイトをしていたら自習の時間が皆無であり試験に通過しなかったでしょう。

薬学部の学費200万円をたかが学生が稼ごうとしたら、一日8時間以上のアルバイト時間が必要になってしまいます。
奨学金を貰っていたからこそ、留年もせずに薬剤師になれました。
奨学金に感謝ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です