現役薬剤師の殆どが借りている奨学金

薬剤の仕事をしている人の殆どが奨学金の返済をしている最中です。
奨学金利用が一般的となっている現代ですが、奨学金を借りて薬剤師になりたい場合、唯一注意をしたいのが勉学を怠らないという点です。

奨学金を借りて薬学部に通っている人達は、お金が無いというハングリー精神から勉学を頑張る学生が多い傾向にありますが、中には少し油断をして勉学を怠る学生もいなくはありません。
勉学を怠ったり、折角奨学金で学費を支払っているというのに授業に出なかったりすると留年してしまい、一度留年をしたらそれ以降は奨学金を貸してもらえなくなるので、注意をしましょう。
授業に出なかったらそれだけ奨学金が無駄になってしまいます。

奨学金を無駄にしないべく、大学の授業には毎回出席して勉強をし、大学の安い学食で食費を浮かせ、大学の無料図書館で勉強をし、大学のトイレで用を足しリフレッシュ時には大学の庭を散歩、と大学を存分に活用して奨学金の元を取り、優秀学生を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です