公的な奨学金だけで薬剤師になれるの?

薬剤師になりたい皆さんは薬学部の学費をご存知でしょうか。国立大学の薬学部であれば、6年間で350万円程度ですが、私立大学であれば6年間で1200万円は覚悟しなくてはなりません。ここでは学費の高い私立大学の薬学部に進学すると仮定して奨学金の話をします。

年間200万円にも及ぶ学費を用意するのは至難の業だと思います。そこで、公的な奨学金を利用してどこまでまかなえるのか、試してみたいと思います。まず、利用するのは国の教育ローンと日本学生支援機構の奨学金です。

まず、国の教育ローンで300万まで借りることができます。これでひとまず初年度の学費はまかなえます。そして、日本学生支援機構の奨学金(利子ありの第二種)で月12万円まで借りられ、私立大学の薬学部生であれば加えて4万円追加できるため、月々16万円借りることができます。つまり、年間192万円借りることができるのです。すこし不足する分は、1年目に借りた国の教育ローンを充てると良いでしょう。

このように、公的な奨学金のみで充分私立大学の薬学部に通うことができるのです。あとはみなさんが勉強をがんばって立派な薬剤師になることができれば、充分返済できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です