公的な奨学金がもらえなくても薬剤師になれる!?

薬剤師を目指すみなさんのなかで、学費の捻出が困難な方は公的な奨学金をまず検討されると思います。しかし、公的な奨学金には収入基準があり、惜しくも収入基準を超えてしまった場合はほかの奨学金の利用を検討せざるを得ません。しかし、困る必要はありません。今回は民間の奨学金(教育ローン)の利用で薬学部に通う方法をご紹介します。

まず、民間の奨学金や教育ローンはどこで取り扱っているのかと言うと、銀行や信販会社などがメインです。ここで、注意しておいてほしいのは民間の奨学金やローンは公的な奨学金よりも若干利率が高いということです。しかし、皆さんが薬剤師になれれば返せない額ではありません。

公的な奨学金の収入基準を超えてしまった方は収入がおありだということだと思われるので比較的審査も通りやすいと思います。また、薬学部進学に際して借りることができる学は1000万~3000万円に設定している銀行・信販会社が多いため、公的な奨学金よりも多くの資金を調達することができ、みなさんの夢にぐっと近づけてくれる存在だといえます。

公的奨学金の申請が通らなかったからといってあきらめずに、民間の奨学金も検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です