薬剤師を目指して奨学金を活用する際に大切な事

薬剤師になる為には学費が必要です。学費を工面する際には奨学金を利用する方法があります。
薬剤師の奨学金負担を減少させる為に四つのポイントに着目する事が大切です。

一つは就職先における奨学金システムの活用です。
薬剤師の就職先では独自に奨学金システムを導入している事が多い傾向です。貸与の額及び期間は多様である物の一定期間勤務を継続する事によって奨学金返済の免除が適用される場合もあります。学金のサポートを受けつつ就職先を決定する事が出来ます。

一つは奨学金と教育ローンを組み合わせる方法です。
教育ローンを利用して奨学金の返済を行う事によって本人の負担を軽くする事が出来ます。特徴が異なる為、上手に組み合わせる事が大切です。

一つは国以外の奨学金システムを利用する事です。
地方自治体や学校あるいは民間団体等、国以外の奨学金システムの内容を知った上で、自身の状況に適しているシステムを活用する事が出来ます。

一つは給付タイプの奨学金利用です。
さまざまな団体が貸与している給付タイプの奨学金は返済が不要です。団体の基準を満たす事によって奨学金支給対象になります。

奨学金制度を活用して薬剤師になる場合

薬剤師を目指す際には奨学金制度を活用する方法があります。
奨学金制度は返済が必要となるケースが一般的です。
学生が薬剤師として就職した後、毎月定期的に給与から返済を行います。
奨学金を利用する時には返済総額(利子がプラスされる為です)及び毎月の返済額と期間を予めシミュレーションする事が大切です。

薬剤師の就職先には主に医療機関や製薬会社、薬局やドラッグストア等があります。
就職先によって給与(平均初任給や年収)はさまざまです。
各種の手当てやボーナスも就職先によって異なります。
奨学金の返済に充当する為に必要となる額及び生活費や諸経費等を考慮すると月に必要な額を推測する事が出来ます。

又、将来のライフイベントに備えて貯金を行いたい場合には更に貯蓄出来る額を考慮する事が必要です。
つまり、基本的に就職したばかりの頃は自由に使う事が出来る額は少なめになる傾向です。
地道にキャリアを積み重ねる事によって経済的自由が発生する様になります。

現役薬剤師の殆どが借りている奨学金

薬剤の仕事をしている人の殆どが奨学金の返済をしている最中です。
奨学金利用が一般的となっている現代ですが、奨学金を借りて薬剤師になりたい場合、唯一注意をしたいのが勉学を怠らないという点です。

奨学金を借りて薬学部に通っている人達は、お金が無いというハングリー精神から勉学を頑張る学生が多い傾向にありますが、中には少し油断をして勉学を怠る学生もいなくはありません。
勉学を怠ったり、折角奨学金で学費を支払っているというのに授業に出なかったりすると留年してしまい、一度留年をしたらそれ以降は奨学金を貸してもらえなくなるので、注意をしましょう。
授業に出なかったらそれだけ奨学金が無駄になってしまいます。

奨学金を無駄にしないべく、大学の授業には毎回出席して勉強をし、大学の安い学食で食費を浮かせ、大学の無料図書館で勉強をし、大学のトイレで用を足しリフレッシュ時には大学の庭を散歩、と大学を存分に活用して奨学金の元を取り、優秀学生を目指しましょう。

薬剤師になりたいので奨学金を検討

薬剤師になりたいと考えている予備校生です。
そもそも最初は医者になりたいと考えていたのですが、医学部の試験に落ちてしまいました。
作文だけを書けば入学できる医学部もあるのですが、そういった入学が容易な医学部は学費が高すぎるために通いたくはありませんでした。

そんな私が目をつけたのが薬剤師でした。
薬剤師ならば医者とまでは行かなくとも、知的なイメージがあるために自分のプライドを保てますし、医者のように年収数千万円と行かなくとも、生活できるだけのお金は十分に手に入るはずでした。
作文を書いて高額学費の医学部に行った歯科医の息子の友人を少し羨ましく思いながらも、決して裕福ではない家の自分は奨学金にて薬剤師になりたいと考えています。

医学部のような過剰な研修や勉学が必要にならない、というものありますし、奨学金を利用するとはいえ医学部よりも学費がかなり安いのです。
奨学金の返済は将来行う事になりますが、将来はきっと薬剤の仕事にてお金に困らない生活を送っているはずですので奨学金の支払いも無理がないはずです。

奨学金制度を活用して薬剤師に

薬剤師になる際に利用する事が出来る奨学金は二種類に大別する事が出来ます。
一つは無利息の奨学金制度です。

大学院及び大学又は短期大学、専修学校の専門課程や高等専門学校に在学中の学生及び生徒が対象です。
選考によって経済的理由による修学が困難な学生(又は生徒)に貸与が行われます。
月額貸与額は入学年度や通学形態等によって異なります。
一つは利息が発生する奨学金制度です。
利息は上限が設定されています。
対象とする学生及び生徒は無利息の奨学金制度と同じです。
比較的選考基準が緩やかである点が特徴的です。

月額貸与額は複数の種類から利用者が選択するケースが一般的です。
在学中に貸与が行われた場合には申込年度を遡り貸与を受ける事が出来る場合もあります。
ちなみに薬剤師になる為に利用する事が出来る奨学金制度が今後新設される予定です。
新設される制度は家計が厳しい場合でも経済的理由によって学業を断念する事を避ける為、特定の条件を満たしている場合には返済期限の猶予が認められます。
学校の奨学金窓口へ相談を行い、適している奨学金制度を活用する事が大切です。

薬剤師になりたいならば奨学金利用がお勧め

薬剤師になりたい、薬剤の仕事に興味がある、薬剤師の高給、安泰待遇が羨ましい、
薬剤師を目指している人は奨学金制度利用の申請をし、奨学金を得ながら薬学部に通うのがお勧めです。

奨学金ってつまりは借金じゃないの、と思う人もいますが、奨学金はサラリーマン金融などとは異なり、低金利でお金を貸し出してもらえますし無金利の奨学金制度もありますし、大学生のほとんどが活用をしている制度なので恐れる事はありません。
現在、社会人として働いている人達も、奨学金の返済をしつつ働いている人が多いです。
奨学金の利点とは、お金が無くても薬学部に通える点です。
両親に負担を掛ける事がありませんし、学費のためにひいひい嘆きながら苦学生となる事もありません。

薬剤師になった後には低金利の少額返済を行ないます。
奨学金を借りている、という意識が勉学への活力にもなります。
親がお金を出してくれているから留年しても大丈夫、退学になっても大丈夫、といった意識で大学に通っている学生よりも差がつきますよ。

奨学金で薬剤師になりました

私は薬剤師の資格を持っており、薬剤師として毎日働いています。
週休がなんと二日もありながらも月給手取り34万円も貰えています。
週休二日、たったの8時間きっかり勤務、手取り34万円という環境はこの時代において最高の職場なのではないだろうかと毎日幸せを実感しています。

普通の大学を卒業し、普通の会社に勤務しているサラリーマンの話を聞いてみると、朝7時からなんと夜の0時まで働いており、手取り25万円であり、休日は皆無、休めても月に一回だと聞いて慄いています。
薬剤師の仕事はたっぷり眠れ、たっぷり遊べ、何でも好きな物が買える幸せなお仕事です。
薬学部時代に奨学金の利用を惜しまないで良かったと感じています。
奨学金の返済金額は毎月五万円ですが、それでも手取り34万円なのでお金が余ります。
やはり資格というのは強いなと感じています。

奨学金の返済は定年退職時間近まで続いてしまいますが、給与が高いので全く痛手となっていません。

薬剤師になった今奨学金を利用していて良かったと実感

去年から薬剤師として働いている者です。
薬学部学生時代には奨学金を利用していたので、お金のために四苦八苦する事がありませんでした。
もしこれが、奨学金を利用していなかったらと思うとぞっとしますね。

両親に学費を支払ってもらうという事もできましたが、両親は共働きをしているとはいえ、
生活費を手に入れるだけで精一杯の経済事情、自分の薬学部の学費を支払え、なんて事になってしまったら過労のあまりに可哀相な事になっていたでしょう。
自分で学費を支払う方法もありますが、薬学部学生時代、朝9時から20時まで大学の講義を聞いて、研究、実験、研修をこなしそれから学費のためにアルバイトをしていたら自習の時間が皆無であり試験に通過しなかったでしょう。

薬学部の学費200万円をたかが学生が稼ごうとしたら、一日8時間以上のアルバイト時間が必要になってしまいます。
奨学金を貰っていたからこそ、留年もせずに薬剤師になれました。
奨学金に感謝ですね。

大学を入り直し奨学金で薬剤師に

一度は偏差値が低く、学費も低い薬学部に入学をし通っていました。
浪人一年、入学をして二年、偏差値が低い薬学部のために、自分はもっとレベルの高い薬学部に入り、高待遇の薬剤師として生活する事ができるはずだという確信を持ち、3年、という若い時期としては大きな時間を潰し、レベルの高い薬学部に入り直しました。

試験費用、入試の際のホテル宿泊費用、以前の薬学部の入学費用と学費、引越し費用に今までの生活費、というお金を無駄にしてしまったために、これ以上親にお金を支払わせるのはあまりにも鬼畜ではないかと思い、家が一軒買えるだけの奨学金制度を利用する事にしました。

来年は国家試験のある年ですので、国家試験に受かれば薬剤師になれるはずです。
長かった10年近くの薬学部生活ですが、奨学金制度があったからこそ通えた薬学部でした。
薬剤師になって初任給を貰えば、奨学金を支払っても余剰金が余りますので、今まで苦労を掛けた親に寿司をおごろうと計画しています。

公的な奨学金がもらえなくても薬剤師になれる!?

薬剤師を目指すみなさんのなかで、学費の捻出が困難な方は公的な奨学金をまず検討されると思います。しかし、公的な奨学金には収入基準があり、惜しくも収入基準を超えてしまった場合はほかの奨学金の利用を検討せざるを得ません。しかし、困る必要はありません。今回は民間の奨学金(教育ローン)の利用で薬学部に通う方法をご紹介します。

まず、民間の奨学金や教育ローンはどこで取り扱っているのかと言うと、銀行や信販会社などがメインです。ここで、注意しておいてほしいのは民間の奨学金やローンは公的な奨学金よりも若干利率が高いということです。しかし、皆さんが薬剤師になれれば返せない額ではありません。

公的な奨学金の収入基準を超えてしまった方は収入がおありだということだと思われるので比較的審査も通りやすいと思います。また、薬学部進学に際して借りることができる学は1000万~3000万円に設定している銀行・信販会社が多いため、公的な奨学金よりも多くの資金を調達することができ、みなさんの夢にぐっと近づけてくれる存在だといえます。

公的奨学金の申請が通らなかったからといってあきらめずに、民間の奨学金も検討してみてください。